植物色々

今月は、ここ半年ぐらいに撮った植物の作品の載せようと思います。

水の撮影も楽しいのですが、植物も大好きな被写体なので折あるごとに撮ってきました。

 

まずは昨年の10月に玉前(たまさき)神社の駐車場で撮った立派なクスノキ。

クスノキ    玉前神社にて

 

これまで房総半島の海の撮影に行った時には近くにある神社やお寺に立ち寄ったりしていました。

所謂パワースポットと言われるような場所が千葉にもいくつかあって、そういうところにある御神木や鎮守の森はとても素晴らしいことが多いのです。

玉前神社は九十九里浜にあり、レイラインの東の起点にあるパワースポットと言われています。(レイラインについては後述)

境内には「ご神水」「さざれ石」「子宝イチョウ」裸足で砂利を歩く「はだしの道」などご利益がありそうなアイテムがありましたが、なんといっても圧巻だったのが駐車場のクスノキ。

駐車場なのでご神域ではないのかもしれませんがパワフルな巨木が何本もあり首が痛くなるまで見上げながら写真を撮りました。

 

 

次は、冬に撮影した家の近所の植物達。

これは家の前の公園にある「サルスベリ」。

サルスベリ   千葉市にて

 

葉の茂った木も良いですが、私は葉が落ちた枝や幹の形が好きでサルスベリも大好きな木。

市街地にある公園の木や街路樹はバッサリ剪定されてしまうことが多いのですが、この木は自然のままの姿を保っていて枝がカッコよいなぁといつも思っています。

サルスベリは犬の散歩の時に撮影しましたが、次の写真も犬の散歩の時に発見した他愛もない植物。

秋に黄色い花が咲く「セイタカアワダチソウ」でしょうか。ひょろっと伸びた姿がいいな、と思い撮ってみました。

セイタカアワダチソウ  千葉市にて

 

 

次も犬のお散歩でよく行く公園にあるお気に入りのエノキ。

エノキ   千葉市にて

 

夕暮れ時、日が落ちる直前赤く枝先が染まります。

 

これもお散歩コースの街路樹。トチノキ科ですが葉や花が無いとなんだかわかりませんね。

トチノキ   千葉市にて

 

この時は2月に撮影したので枝だけですが、4月にはピンクや白いきれいな花を咲かせていました。

 

 

次は所変わって房総半島の南にある安房神社で撮影したイチョウの木。

イチョウ   安房神社にて

 

黄葉したイチョウもきれいでしたが、2月に行った時には葉はなく枝がカッコよかったので撮ってみました。

安房神社は日本三大金運神社と言われていて、パワースポットとしても有名らしい。

以前にも安房神社のことは書きましたが、境内に入ると凛とした空気感が素晴らしく確かにパワースポットかもしれない、と思える神社です。

境内外にはイチョウはもちろんクスノキ、マキノキ、桜などたくさんの樹木や植物があるのですが、どれもが神聖な雰囲気を発している素敵な場所でした。

 

次は笠森観音で撮影した緑の中にある白い枝。(木の名前は不明)

笠森寺自然林

 

笠森観音は玉前神社から少し内陸に入った場所にあるお寺ですが観音堂は、日本で唯一の『四方懸造り』からなるお堂。(国指定重要文化財)

重要文化財 笠森観音堂

とても珍しいお寺ですよね。

拝観料を払うと最上階でお参りすることができますが階段を上るのに結構息が切れます。笑

そして上から撮影したのが先の写真になります。

笠森観音はお堂の雰囲気も素敵ですし、周囲の森林も良い感じで房総の隠れた名所だと思っています。

笠森観音の周りには天然記念物である笠森寺自然林が広がっていて、とても良いハイキングコースでもあります。

笠森寺自然林

 

 

笠森観音は玉前神社と同様、レイライン上にあるパワースポットと言われています。

下図を見て頂くとわかりますが、玉前神社から始まり笠森観音、富士山を通り出雲大社に抜けていくライン上に位置していて、春分、秋分に太陽が昇ってきます。

レイライン (笠森観音HPより引用)

 

世界中にレイラインと言われる場所がたくさんありますが、日本のレイラインはこういう風になっているらしいです。

なんだか房総半島の観光案内みたいな記事になってしまいましたが、次は全く別の場所にいきましょう。

 

 

5月に父のお墓参りをしてから近くの公園(さいたま市)で新緑を楽しみながら母と散策した時に撮影したもの。

かわいらしいハート型の葉が目に留まり撮影しました。

カツラ   見沼自然公園にて

 

ハート型ってなんだか嬉しくなってしまいます。

しかもフレッシュな緑色に光が当たっていてまるで「撮ってください」と言っているみたいでした。

 

そして、これもかわいらしいカエデの赤い種が目にとまりパチリ。

カエデ   さぎ山記念公園にて

 

カエデのこういう種を「翼果(よくか)」というらしいのですが、徐々に乾燥して茶色くなりやがてプロペラのように風に乗り飛んでいくらしいです。

カエデは紅葉も良いですが、新緑、そして種も素敵です。そういえばカエデの花はあまり意識したことがないかも・・・

 

木々の樹形、枝ぶり、葉形など、どれをとっても美しい形に只々うっとりしてしまいます。

新緑の季節もあっと言う間に通り過ぎ、段々、梅雨っぽくなってきた関東地方。

植物の「旬」って本当にあっという間です。

先日も犬のお散歩の時に見つけた植物をちゃんとしたカメラを持って撮影しに行ってみると全く違う姿になっていてがっかり。

後で撮ろう、と思っても大体は時期を逃してしまいます。

最近はアジサイが少しずつ咲き始めたので、時期を逃さず雨でも撮影に出かけてみようと思います。

 

今回はあちこち、ごちゃごちゃと載せてしまいましたが、偶にはこういうのもいいかなと思い長々と書いてしまいました。

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.