Blog
Jun 23, 2018

デスバレー国立公園 2017年秋

2018年6月2日 ホームのスライドショー写真を更新しました。

 

今回の写真は昨年秋にアメリカ・デスバレー国立公園で撮影した写真です。

デスバレーは広い公園なので撮影ポイントがたくさんあり、限られた日数で思うように良い写真を撮るのはとても難しいです。

今回は数日しか滞在しなかったので、撮る場所を2か所に限定しました。

まずあまり多くの人が撮影しないと思われる場所、デビルスコーンフィールドです。

 

この植物はこの場所で生き抜くためにこのように盛り上がって成長することになりました。

塩分が濃く、乾燥、高温、砂嵐などなど過酷な環境でもたくましく生きている姿が素敵だなと思って以前から気にって撮影してみました。

が、なかなか絵になる固体を見つけるのが難しい。

けれどこの2つの子達がとても仲良く並んでいる姿がとても微笑ましく思い、夕日をバックに撮影してみました。

これ以外にもたくさん撮影しましたが、今回はとりあえずこの2枚の紹介だけにしようと思います。

 

 

 

次の撮影ポイントはレーストラック。

 

岩が自然に動いた軌跡が乾いた大地に刻まれた不思議な場所です。

 

 

行く度に岩の場所や軌跡が変化しているから面白いです。

でも、秋はあまり軌跡の彫りが深くないですね。

移動するのは冬なので、深い彫りをみたい時には春がベストシーズンかもしれません。

 

 

この不思議な岩が移動する仕組みが長い間謎でした。

しかし、2014年、アメリカの研究結果が発表され、ついに謎が解明されました!

英語ですが、こちらに記事

簡単に言いますと・・・

①雨が降り、水が溜まります。

②夜中に水が凍ります。朝になり気温の上昇と共に氷にヒビが入ります。

③そこに風が吹くと、水に浮かんだ氷が岩を押すと泥の上をゆっくりと岩が移動する、ということらしいのです。(下図参照)

 

 

こちらの記事がわかり易い解説をしてくれています。⇒ engadget日本語版

 

 

レーストラックの話が長くなってしまいましたが、この場所はデスバレー国立公園の中でもホテルなどがある場所から遠く、とても行きにくいスポットです。

夕刻まで撮影していると暗い中、泣きそうになりながら帰らなくてはいけないのですけれど、なんとも言えない魅力のある場所で、幾度となく行ってしまいます。

しかも、未舗装道を延々と運転していかなくてはならず、タイヤのパンクをする道として有名です。

パークレンジャーからはスペアタイヤを2本積んでいくように、などとも言われます。

砂利道をパンクしないかハラハラしながら、土煙を上げてノロノロ運転していきます。

そして、その道中にはジョシュアツリーが群生している場所を通っていくのですが、ある限られた場所だけに生えていて、突然始まり、突然終わる、という感じです。

心細い思いで運転していて、このジョシュア・ツリーが現れると、とてもうれしくなってしまいます。

ジョシュア・ツリーはまるで人が立っているかのような植物で、「やあ!」と手をあげて挨拶してくれている気がしてなんとも楽しいですね。

 

 

レーストラックで夕方まで撮影していると、帰り道ここを通過する時には真っ暗なので、星がとてもきれいに見えます。

この日は月明かりでジョシュア・ツリーを撮影しようと日程を考えて行きました。

それで撮影したのがこの写真です。

でも、月が少し明るすぎましたね。

まるで日中撮ったような感じになってしまいました。笑

 

デスバレー国立公園はとても広いので、1週間ぐらいは日程をとって撮影するような場所です。

今回はあまり撮影できなかったので、少し不完全燃焼でした。

また是非じっくり撮影に行きたいですね。

Posted in BlogComments Closed 

 

May 4, 2018

二人展開催中です

5月1日から伊豆高原で二人展が始まりました。
.
連日、多くの方がお見えになり、みなさま楽しんで帰ってくださっています。
 .
写真を見ることも楽しいのですけれど、素敵なアトリエでゆったりとした時間を過ごすのが心地良いようで長居をする方が多いです。
 .
少しわかりにくい場所にありますが、こんな看板が目印です。五月祭の10番です。
.

アトリエの駐車スペースはそれほど広くありませんが、周りの道路に路駐してもおそらく問題ないようです。
 .
アトリエの入り口。
.

 

中に入るとまずは私の作品コーナー

.

 

突き当りにも少し作品があります。
 .
そして、私のカラー作品エリアから奥の春日広隆さんのモノクロ作品エリアへ
ゆったりとしたソファーのある一角には素晴らしい春日さんの作品。
.

 

 

2階のホールにも展示してあります。

.

 

キッチン&ダイニングエリアにも作品が展示してあり、作品について丁寧に説明をして頂いているところ。

 

一緒にお話を聞かせて頂くと、とても勉強になります。
 .
.
テラスは緑豊かで鳥のさえずりが常に聞こえてきます。
ぼ~っと座っていると癒やされます。笑
お時間があればお茶で一服。ほっ。
.
展示作品はそれほど多くありませんが、みなさまの反応は概ね好評のような気がします。
私は5月4日5日6日、12日13日、19日20日と在廊していますので、遊びにいらしてくださいね。
★私に連絡を取りたい方は
info(a)naokotsunoda.com (a)を@に変換してメールしてください。
.
.
★向かっているのだけれど、16時までに着けそうにない場合にはご連絡ください。
お待ちしています。
 .
Tel: 090-8720-7843 (春日さん携帯電話)
.
.
★行き方について
.
車は渋滞するので公共交通機関がおすすめですが、バスのアクセスがあまりよくありません。時刻を調べてから来ることをおすすめします。
 .
●伊東駅からシャボテン公園行きのバスに乗ります。
伊東駅 ⇒ セントラル・パーク
9:30        ⇒ 10:02
10:30      ⇒ 11:02
11:30       ⇒ 12:02
12:30      ⇒ 13:02
13:30      ⇒ 14:02
14:30      ⇒ 15:02
15:35      ⇒ 16:07
.
 .
●1本だけ伊豆高原駅からバスがあります。一碧湖行きセントラル・パーク下車
11:10 ⇒ 11:26 セントラル・パーク着
東京駅9:00 の「踊り子」に乗ると一本で伊豆高原駅まで行き丁度良いタイミングでこのバスに接続しています。
.
帰りも1時間に1本の伊東駅行きのバスがあります。
Posted in BlogComments Closed 

 

Apr 26, 2018

伊豆高原五月祭

先日お伝えしましたように、5月1日より二人展が始まります。

 

この展示は伊豆高原で開催されるアートのお祭り「伊豆高原五月祭」に参加しています。

五月祭には伊豆高原のアーティストが自分のアトリエなどを一般公開して作品を展示しています。

 

写真の展示はそれほどなくて、絵画や彫刻、陶芸などが多く、有名な作家さんもいらっしゃるそうです。

 

そのパンフレットはPDFで見られます。

アトリエ一覧

地図

インタビュー記事

 

 

もし、紙のパンフレットが欲しいという方はご一報頂ければ郵送いたします。

info(a)naokotsunoda.com  ((a)を@ に変換してメールしてください)

 

また、それとは別に伊豆アート巡礼小冊子「is」というものにも今回の展示のことが掲載されています。

小冊子「is」についてはこちら

 

 

今回、私は14点の作品を展示いたします。

これまで3回の個展を開催いたしましたがその中で好評だったものや自分が好きな作品を選びました。

更に、最近の作品を数点追加しています。

額装は、以前は自分でしていたのですけれど、今回は業者さんにお願いしてとても質の高いものになりました。

展示はA2にプリントしたものが中心ですが、大きいものではB1サイズのものもあります。

 

私達のアトリエの近くには、有名な彫刻家の重岡建治さんのアトリエもあります。

徒歩でいくつかのアトリエやギャラリーめぐりができるようです。

アートな気分を味わいに是非是非いらしてくださいね。

 

 

***********************************************************************
2018年伊豆高原五月祭参加・伊豆アート巡礼小冊子「is」参加
春日広隆・角田直子フォトグラフィー展
2018年5月1日(火)~20日(日)
10時~16時
休廊日:月火水(但し、5/1, 5/2は開催)
アトリエKASUGA
静岡県伊東市大室高原5丁目714
(Google Maps で「アトリエKASUGA」で検索してください。住所では上手くいきません。)
Tel: 090-8720-7843 (春日さん携帯電話)
私は、ゴールデンウィークと週末は在廊予定です。
5月1日(火)~6日(日) 5月12日(土)13日(日)19日(土)20日(日)
アートな気分を味わいに是非是非いらしてくださいね。
尚、特にゴールデンウィーク中は道が混雑しますので、余裕をもってお出かけくださいませ。
熱海周辺がとっても混みます。渋滞状況によっては一旦、三島まで行って、山側から降りてくる方が早いかも??
Posted in BlogComments Closed 

 

Mar 29, 2018

二人展のおしらせ

グループ展が無事終了したばかりですが、次は二人展のお知らせです。

5月に伊豆高原で写真家の春日広隆さんと二人展を開催いたします。

.

 

 ・
 .
.
会場は春日さんのアトリエKASUGA。
 .
.
 ・
 ・
緑豊かな伊豆高原にある自然光が明るい素敵なアトリエです。
テラスでのんびりとお茶をしながら、作家とのおしゃべりを楽しんで頂けます。
それほど広いギャラリーではないので、たくさんの作品は展示できませんが、10~15点ぐらいを考えています。
これまで発表した作品の中からセレクトしたものと新作も少し加えた作品展になります。
春日広隆さんは、私が撮影しているのと同じようなアメリカの大自然を撮り続けていらっしゃる写真家さん。
でも、ほとんどがモノクロプリントで作品をつくられています。
私のカラー作品と春日さんのモノクロ作品。
同じ場所を撮影した作品もいくつかあると思いますが、その対比も楽しみな二人展となりそうです。
***********************************************************************
2018年伊豆高原五月祭参加・伊豆アート巡礼小冊子「is」参加
春日広隆・角田直子フォトグラフィー展
2018年5月1日(火)~20日(日)
10時~16時
休廊日:月火水(但し、5/1, 5/2は開催)
アトリエKASUGA
静岡県伊東市大室高原5丁目714
(Google Maps で「アトリエKASUGA」で検索してください。住所では上手くいきません。)
Tel: 090-8720-7843 (春日さん携帯電話)
私は、ゴールデンウィークと週末は在廊予定です。
5月1日(火)~6日(日) 5月12日(土)13日(日)19日(土)20日(日)
行き方は上のハガキをご覧ください。
お問い合わせはメールしてくださればお答えいたします。
info(a)naokotsunoda.com (←(a) を@ に変換して送付ください)
Posted in BlogComments Closed 

 

1 2 3 4 5
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.