Blog
Sep 2, 2017

覚満淵 2

今年の7月は、ほとんど梅雨らしくない天候が続き、暑さにうんざりしていました。

そこで涼しい赤城山あたりに日帰りですが、行ってみることにしました。

 

が、山の上には厚い雲がかかっているのが下から見てとれました。

そして、車で徐々に上っていくにつれて視界が悪くなり、ビジターセンターのある標高1,400m付近に来ると少し先も見えなくなるほどモヤが出ていました。

でも、モヤというよりは霧雨という感じで外に出ていると濡れてきます。

 

でも、せっかく来たので散策に行ってみることにしました。

 

覚満淵のある池の手前には少し雑木林があって、そこが私的にはとてもお気に入り。

でも、この何気ない景色を写真にするのは難しいですね。

モヤが幻想的になってくれました。

 

木道に出てみるとほとんど何も見えません。

 

が、そんな中でも、カモの親子が泳いでいました。かわいい。

 

木道がどこかに消えて行く感じですね

 

 

そして、前回来て気に入った場所もモヤの中に・・・

 

霧雨でも来てみてよかったです。

なかなかこういう幻想的な風景には出会えませんからね。

 

また季節を変えて何度でも来てみたい場所となりました。

ワンコは濡れて迷惑そうでしたけれど・・・

 

 

 

 

Posted in BlogComments Closed 

 

Aug 25, 2017

覚満淵 1

先日、ホームページのスライドショーの写真を新しくしました。

撮影場所は、群馬県立赤城公園にある覚満淵(かくまんぶち)

 

 

初めて訪れたのは去年の7月。

本当は赤城山(黒檜山・くろびさん 1,828m)に登山するつもりだったのですが、雨上がりの険しい山道を犬と一緒に登ることができなくて、他にどこか行くところがないかと立ち寄ったのがここでした。

何の特徴もない小さな池と湿地なのですが、(後で知るのですが)小尾瀬と呼ばれるほど、なんとも言えない素敵な場所でした。

木道が湿地の周りにめぐらされていてそこをのんびり歩くのがとても楽しい。

鳥のさえずりが天国のようです。

 

しかし、居心地の良い場所ではありますが、写真撮影に向くほどフォトジェニックではなさそうです。

対岸の数本の木を木道から撮るのが唯一、絵になる感じです。

 

 

木道はこんな感じです。

かなり古いのか、傾いていたりして少し怖いところもあります。

 

そして、夕暮れの時間になると雲がモクモクと面白く広がってくれました。

この池は風がないと鏡面のように景色をきれいに反射してくれるので上手く使うと面白くなる可能性がありますね。

 

そして、最後には空一面きれいに赤くなりました。

 

この場所は、標高1,400mぐらいなので、日が暮れるころには7月だというのに気温が下がり寒いくらいになりました。

そうすると湖面に蒸気が立ち始め素敵になりましたが、これを表現するのは難しい!

 

暑い関東地方から逃れて涼しいところに行きたくてなんとなくやってきた赤城山。

思いがけなく素敵な場所に出会えました。

 

 

 

Posted in BlogComments Closed 

 

Aug 23, 2017

エボルタくん

大変ご無沙汰しております。

暑い日々が続いていますが、皆様お元気でいらっしゃいますか?
私は夏バテ気味ではありますが、元気にしています。
2010年に日本に帰国してからあまり活発に風景写真を撮っていませんが、年に1,2回ほど相変わらずアメリカに行っては撮影しています。
でも、写真はほぼ毎日撮っています。
といっても愛犬の写真なんです。(コンパクトカメラですが・・・)
3年程前から犬を飼いだして、その育児に追われていました。(笑)
可愛い愛犬を撮るのはとても楽しく、思いがけない一瞬の表情を捉えたくてシャッターを切っています。
今は犬のブログをほぼ毎日書いていますが、ここではそのブログは紹介しないでおきます。
私の日常生活がバレバレでちょっと恥ずかしいので・・・
でも、いつか写真展ができるといいなぁと思っていますが、愛犬の写真展なんて誰も来ないか?
.
.
.
.
.
さてさて前置きが長くなりましたが、今日は少し変わったお仕事の話。
プラモデルのエボルタくんが、グランドキャニオンの写真をバックにディスプレイできるという限定モデルに、私のグランドキャニオンの写真を使って頂きました。
 エボルタくんがグランドキャニオンを登る、というCMが以前放送されたのを覚えている方もおられると思いますがそのイメージだそうです。

 そのプラモデルをフジミ模型さんからいただきました。
中を開けてみると・・・

プラモデルのパーツがいっぱいです。
その中に私の写真がプリントされたものが入っていました。
でも、残念なことにちょっと紙がペラペラです。

さて、ものは試し、組み立ててみることにしました。
何を隠そう、わたくしプラモデルは初めてです。

パーツをまず一つずつ切り離すところから始まります。

これが結構大変。
最初は普通のニッパで切り離して、カッターできれいに表面を整えていましたが、あまりに大変なので、専用のニッパを買いました。
そうすると作業速度と精度が格段にアップ。
このプラモデルは接着剤も不要で説明書通りに組み立てるとなんとか完成しました!

乾電池も本物みたいに見えますが、実は作り物です。
プラスチックにシールを貼り付けたものです。
これをグランドキャニオンの写真をバックにディスプレイ。
 グランドキャニオンの写真の裏に厚紙を張り付けてしっかりとした壁面にしましたが少し歪んでしまったところはご愛嬌。
アマゾンなどでも購入できますが、あまりこのグランドキャニオンの写真がついているということを大々的に広告してないので、少しわかりにくいですがこちらで⇩
また少しずつブログアップしていこうと思っています。
Posted in BlogComments Closed 

 

Apr 11, 2017

奇跡の絶景「グランドキャニオン」

2017年4月11日発売、講談社 奇跡の絶景24号 グランドキャニオンに、私の撮影した写真が何点か掲載されています。


グランドキャニオンは、アメリカの中でも有数の観光地ですがやはり息を呑むほどの絶景を見ることができる場所。

地球のエネルギーを感じ取ることができるパワースポットだと思います。

しかし、ものすごい景色なのだけれど、写真撮影は意外と難しく同じように見える岩もビューポイントによって微妙に異なり行けば行くほど魅力と難しさを思い知らされます。

普通に観光で行くだけでは見ることができないような素敵な瞬間の写真がたくさん載っていて、こんな景色も本当は見ることができるんだ、と言うことを知ることができます。

行ったことがある人もない人も、是非是非、グランキャニオンの魅力を少しでも楽しんで頂ければと思います。

アマゾンでの購入はこちら

Posted in BlogComments Closed 

 

1 2 3
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.