Sep 2, 2017

覚満淵 2

今年の7月は、ほとんど梅雨らしくない天候が続き、暑さにうんざりしていました。

そこで涼しい赤城山あたりに日帰りですが、行ってみることにしました。

 

が、山の上には厚い雲がかかっているのが下から見てとれました。

そして、車で徐々に上っていくにつれて視界が悪くなり、ビジターセンターのある標高1,400m付近に来ると少し先も見えなくなるほどモヤが出ていました。

でも、モヤというよりは霧雨という感じで外に出ていると濡れてきます。

 

でも、せっかく来たので散策に行ってみることにしました。

 

覚満淵のある池の手前には少し雑木林があって、そこが私的にはとてもお気に入り。

でも、この何気ない景色を写真にするのは難しいですね。

モヤが幻想的になってくれました。

 

木道に出てみるとほとんど何も見えません。

 

が、そんな中でも、カモの親子が泳いでいました。かわいい。

 

木道がどこかに消えて行く感じですね

 

 

そして、前回来て気に入った場所もモヤの中に・・・

 

霧雨でも来てみてよかったです。

なかなかこういう幻想的な風景には出会えませんからね。

 

また季節を変えて何度でも来てみたい場所となりました。

ワンコは濡れて迷惑そうでしたけれど・・・

 

 

 

 

Posted in BlogComments Closed 

関連記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.